トミーの日記

マルッチPPさん主催のマグカツ仕立てに参加させてもらいました。
今年も例年通り8月にコマセが解禁されたもののマグカツが相模湾に入ってこないため多くの船宿が出船を見合わせていましたが、数日前よりやっと再開。
マグカツがダメな場合、タコエギで出船になる予定でしたが何とか回避できました。

今回のメンバーは

右ミヨシより  すずきんさん、マルッチPPさん、時姐さん、まるかつさん
左ミヨシより  とめきち、あかべぇさん、なべちゃん、なかむらさん

乗合船と違いゆったり、和気あいあいでピリピリ感はありません。ん~ゆったり~(≧▽≦)
20200829_054404


本日のタックル

竿:とめきちスペシャル  リール:ビースト6000  PE:10号-500m 
ビシ:青物バスター100号 天秤:スーパーランナー天秤(輪ゴム固定) ハリス:10号-2m 
針:管付メジ・カツオ 14号

20200829_054434

出船前に船長からカツオはそんなに大きくないのでハリスは10号くらいがいいとアドバイスがあり、準備してきた仕掛けを漁ると10号は1セットだけありました。

港を出て約1時間ほど走ったところで小船団発見 しばらくそこで流して1回バラシ その後活性が上がらないので大船団へ移動

船団の中では、カツオが跳ねてます(≧▽≦)

200829かねい丸マグカツ1



200829かねい丸マグカツ2
カツオが通過していきますがコマセは無視(>_<)




船長より5~10mの棚でやってみてと指示があり5~6mで止めて待っていると キタ-(≧▽≦)
久しぶりに穂先が突っ込みます~ 楽し~ しかし取り込みの際、バレちゃいました( ;∀;)

200829かねい丸マグカツ3


群れは大きいみたいですが、まだまだコマセになれていないみたい。コマセを撒いても無視して通過していきます。たまに喰いついていく感じ!
コマセの撒くタイミングとカツオの通過するタイミングが合えば喰うみたいです。

カツオ2本確保したところでドラマが・・・・・・

なななんと カツオの仕掛けにキハダが掛かりました( ゚Д゚)

最初は一気に70mほど走られましたが、巻けば上がってくるしそれほど重くないのでもしかしたらキメジサイズ?大きくても10kgクラス?と思ってやり取りしていました。
しかし、その後100mまで持っていかれたのでこれはキハダだと確信しました(≧▽≦)気付くの遅い!!
ハリスが10号なので無用なやり取りは危険と思い、マグロリングを投入し何とかゲットすることができました。船宿のHPには18kgと書いてありましたが、自宅で測ったところ23.9kgありました。
よく上がってきたもんだと自身でも感心(≧▽≦)





その後 カツオもコマセに少し慣れてきたこともあり、3本追加で終了



同船いただいた皆様 楽しい時間をありがとうございました。
主催者のマルッチPPさん 毎回美味しい思いをさせていただきありがとうございます
また遊んでやってください。



本日の釣果

 カツオ    5本(9打数5安打)
 キハダマグロ 1本(23.9kg)

20200829_122712
この中の5本

20200829_165248
カツオ2本とキハダ持ち帰り キハダは尻尾を切って何とか入りました。
クーラー:シマノ スペーザ 60L                 

20200829_170056
重量を測ってみました。 23.9kg





HPより

2020年08月29日(土)【若潮】

天気:
晴れ
  • 釣果画像3613773_1
  • 釣果画像3613773_1
キハダマグロ18 kg合計 1 匹
カツオ1 - 2 kg1 - 5 匹

カツオ群れが沢山入って来ました
コマセで1日カツオ狙い!終日群れ有り追いかけっこ!
上手く捉えると当たり出てました。
カツオ1-5本にマグロもゲット出来ました.

本日もご乗船
ありがとうございました




本日の料理

カツオは1本だけ持ち帰りました。よって料理は少なめ。
20200829_205431
20200829_205428
20200830_191009

続いてマグロ料理

マグロの解体ショー
20200829_172050

20200829_173323
20200829_175417
20200829_174700


料理編
20200829_205417
たっぷり中落が取れました(≧▽≦)

20200830_190546
20200830_190504
20200830_191444
20200831_192125
20200831_193242
20200902_193025


久しぶりにブログを書きます。
備忘録が主のブログですので内容は薄いです(^-^;

夏季休暇を取得して久しぶりの平日釣行 
マルにしようか、タチウオにしようか思案していましたが、釣果情報を確認しているとアカムツが0~7匹と釣れている!
久しぶりにアカムツの炙りが食べたい(≧▽≦)

0時に自宅を出発し波崎には2時過ぎに到着、場所取りをしようとボードを見るとなぜか左ミヨシが空いていたのでゲット
20200807_040301
20200807_040211


4時過ぎに出船してカンネコ根に5時半ころ到着 コロナ対策でキャビンに入らずデッキで常連さんと談笑(マスク着用)しながら行けたので速く感じました。

20200807_053154


「水深 125m はいやってみて」との合図に合わせて仕掛け投入

本日のタックル
竿:ライトゲームSS type82 H190  リール:フォースマスター 800  PE:2号-500m
錘:120号  仕掛け:捨て糸 100cm  幹間隔:120cm-8号 ハリス:6号-60cm
針:赤ムツ 17号 針数:2本
餌:ホタルイカ支給  鯖タン(釣れたサバから作成)



朝のうちは全く生体反応がなく、外道すらかかってきません(><)
まず頭に浮かんだのは「前日までは・・・・」

8時過ぎになって周りでポツポツ 魚が上がり始めます。
最初の魚はサバ~2点掛け 仕掛けがグチャグチャ
釣れたサバで早速 鯖タンを作成しアミノリキッドで軽く締めてホタルイカと抱き合わせで即投入~

しばらくするとキターーーーーー  120、70mで竿が叩かれます。もしかして本命?
あれ?50、30、10mでも叩く
残念ながら上がってきたのは結構いいサイズのムシカレイ
その後、ホウボウ、メバル、ドンコ、サバと多彩な外道たちが続きます
11時近くになって本命のゲット~ やっとこれで炙りが食べれる(≧▽≦)
20200807_075008

その後、頻繁に誘いを入れ止めることを繰り返すと続いて3連荘できました。
20200807_113625
20200807_075012
20200807_111847




パターンをつかんだ時にはすでに終了時間 残念



本日の釣果

アカムツ:4匹  ホウボウ:1匹 メバル:3匹 ムシカレイ:4匹 鯖:多数
ドンコ:1匹

20200807_172952


HPより
アカムツ25~39cm0~7匹【釣り場】カンネコ根 130m
【水温】21℃   【船長】高野
アカムツ25~36cm1~6匹【釣り場】カンネコ根 130m
【水温】21℃   【船長】寺井
【天気】晴れ 【風】南西 8m 【波】ナギ
【コメント】
三号船は朝から良型も交じってポツリポツリ掛り食いのいい時間帯は纏まって掛かる所もありました。二番手6尾が2名様と好調でした。残念ながら型見ず1名様出てしまいました。高野
二号船は終日ポッリポッリ食ってオデコなく全員顔を見る事ができました。ムシガレイも多数混じってお土産に。寺井
暑くなってきました、熱中症対策を忘れずに‼️







本日の料理

ホウボウ、メバルの刺身&ムシカレイのエンガワ
20200807_211720

メバルの煮付け
20200807_204057

ムシカレイのから揚げ
20200808_194610


ドンコの味噌
20200807_212043

アカムツの刺身&炙り
20200808_200603


残った魚は  アカムツ⇒煮つけ  メバル⇒アクアパッツァ でいただく予定です

ご馳走様でした(≧▽≦)




これまでマルイカの仕掛けを収納するのに色々な仕掛け巻きを使ってきました。
最近は、直結が主体なのでグルグル巻いておけばいいようなものですが、カンナがあちこちに刺さって・・・(>_<)
きちんと整理してれば問題ないのでしょうが不精なため色々と問題が発生します。

これまで試してきたのはこれ 

20200531_172150


それぞれ一長一短あり、船バックへの収納時に厚みが気になってました。

今回のテーマとしてはできるだけ薄型で、嵩張らず、あちこちに刺さらないものを作りたい!


材料はこちら
桧材 10✖20✖900
釘  φ3✖65
クリアファイル A4

20200531_171721



こんな感じに仕上がる予定

図面2



まず、225mmに木材を切断
20200531_171248


続いて釘の頭を切断
20200531_170841


木材にφ2.8mmのキリで穴をあけ釘をバイスを使って圧入

20200531_200014


完成~

20200531_172505


このままではカンナが刺さりまくるので、クリアファイルを使って仕掛けケース(?)を作成

作成方法は簡単でクリアファイルを縦に二等分して半田ごてで溶着したら終わり

20200531_170407



これで船バックの中でカンナが刺さりまくることがなくなります。(≧▽≦)

20200531_172712
20200531_170506


後は、釣りに行くだけ(≧▽≦)


おしまい




超~久々にブログを書いています。

yahooブログが終了してしまいlivedoorへ移動しての初投稿?

単身赴任生活も
4月に終わり戻ってきました~

やっと釣り三昧と思っていたのですが、新型コロナのおかげで全く釣りに行けてません(>_<)

その上せっかくのGWも外出自粛でほとんど家を出ていません。

やることないのでTV見たり、竿作ったり、ゴロゴロしてましたが流石に暇を持て余してしまい撮りためた写真、動画の整理に着手 引っ張り出してきたのが以前撮影したマルイカの水中映像

久しぶりに見ると反省点多数!!叩きと、ステイのタイミング、活性状況に合わせた誘い、巻き落とし等々 ほんと動かしすぎなんですよね~ もう少しステイの時間が長ければ触っていただろうマルイカがいっぱいいます。

その時の状況によってかなり違うと思いますが、今回編集した動画では群れは疎らで活性はそれほど高くないため直ぐ、スッテにアタックしてくるマルイカはいませんでした。

さて、過去の映像編集ですが2017年に撮っていた映像を編集してみました。

まず撮影機材はこれ


水中カメラ これは昔、上海問屋で購入したもの 確か8000円位だったような気がします(^-^;



20200503_095210
20200503_084326


カメラの浮力調整は付属の重りを本体に取り付けて行います。ただし、本体が72gあり水中ではかなり抵抗があるためマルイカの触りを取るのは私にとっては至難の業(^-^;
また、巻き上げ時の抵抗が大きいので乗っているか全くわかりません・・・・と言い訳を今のうちに(≧▽≦)

カメラは水面方向に向け取り付けています。海底方向に向けると照度が足りないため暗くてマルイカ判別できません。





コメント 2020-05-09 225859

編集はこいつ
20200509_221213


久しぶりに編集ソフト使ったので時間が掛かり過ぎ~

作品はこれ! YouTubeにupしてリンクを張ってます。





これを見ると自分の下手さ加減がよくわかります(>_<)

 
早くコロナが終息して普通に釣りに行ける日が来ることを祈るばかりです。


おしまい







yahooブログが終了となるためこれまで書き溜めたブログの移行先として ブログの作成やすさを試してみたいと思った。

よってこれはテストです。(≧▽≦)
熱帯夜の続くこの時期にはこの写真
P1000027
15年前の北海道にて

今の車はこれ 万座温泉にて
Inked20190629_151729_LI





せっかくのGW 5月1日,2日も休みをもらい夢の9日間休暇です(≧▽≦) 
こんなに休んだら社会復帰できないかも(^^;

長期休暇なので時間がたっぷり~ よって釣行前に竿作りから
今シーズンはバタバタしてマルイカ用のゼロ点穂先を作ることができませんでしたので久々のマイクロガイドとの格闘(^^;

せっかく作るのでこれまでとは別のことをいろいろ試してみたい・・・・
まずは穂先の調子に変化をつけ自分にあったものを作りたい

イメージ 1



今回作ったものはメタル部をφ0.3 φ0.35 φ0.4で作り グラスを削り込んでメタルに合わせて調子を仕上げました。

従来使っていた穂先より硬めでゼロ点で曲がる部分を短くし出来るだけノイズを少なくするのが目的です。

竿の色はブラックにパール塗装を施したもの

イメージ 2



釣行まで時間がないのでエポキシコーティングは1回塗りとして仕上げました。(≧▽≦)テヌキデハアリマセン

イメージ 3

完成した3本の穂先を引っさげて出撃です(≧▽≦)




久しぶりの小網代 イカにはちょっと厳しい快晴です(^^;
イメージ 4


平日だから少ないかな?との思いはかなわず片舷6名 計12名での出船です。

定刻出船し カメギヘGO~~
イメージ 6


カメギ周辺にはマルイカ船がいるもののさすが平日!混み合ってはいません

カメギに着くとすぐに群れ発見 緊張の第一投目
水深70m 
着底・・・・触りなし  叩きを入れてステイするとすぐに触りがあり合わせを入れ”乗った~” 手巻きで巻き巻き・・・重い 
第一投目にくるとすごく気分が良い~ なんか今日は釣れそうな気がする~(≧▽≦)

二流し目にはムギの3点掛けを含む4連荘
次の流し以降連荘はありませんが空振りのない状況で8時半頃には11杯 と時速11杯ペースです(≧▽≦)

イメージ 5



しかし良い状況が続くはずもなく悲劇の連発 (>_<)


活性の高い群れを発見し皆さん連荘している中 着底しシャクったときに”ブチッ”という音とともにPE高切れ  手元で切れたためラインが水面を漂っています(T_T) 必死に竿で絡めようとするもののダメでした。
一軍スッテ9本+タングステン50号+PE60mのロスト イタタタ

久しぶりに船上でFGノット組みました(^^;

続いてのトラブルは、マルイカ取り込みの際、巻きすぎたみたいで巻き込みによりグラス部が折れました(T_T) まったくの不注意です
イメージ 7






その後にも空巻きを高速で行って、気付かないうちに巻き込んで穂先破損(T_T) ダメダメです

イメージ 8


折れてしまいましたが穂先の調子はGOOD!! 思惑通り、ノイズも少なく触りも良く見えました(≧▽≦)








前半は良い群れに当たったみたいで大流し状態でしたが、中盤になり群れの移動が早くなり、群れを見つけるのも時間が掛かるようになりました。

こんなときはムギイカの沖干し作り~
イメージ 9

イメージ 10



お昼近くになり活性が上がってきましたが、触りが取れない~
たたき直後に触りが出てたみたいでそれに気付くのに時間が掛かってしまいました (>_<)
それが分かればこっちのもの 流し替えまで 6連荘できました(≧▽≦)
マルイカ奥深い~





本日の最終スッテ
イメージ 11




本日の釣果   50イカ(マルイカ 38杯  ムギイカ12杯)
イメージ 12






HPより

★マルイカ! 

   今日は乗りの良い流しも有りました好調!
 

水深60~80mを狙う! PE1.5号以下 オモリ60号!


・北~南よりの風 1~4m ・晴れ
・天気良く一日良い凪!
(水温  17℃ やや澄み 少し流れる)




小網代沖~城ケ島沖!60~75mでした
今日は乗りが有りました好調です
何時もと同じデカめのシッカリ反応で大流しで
ポツリポツリと当たりが出て2名ぐらいずつ
誰かしらが乗せれる流しも有り
日中はやや活性良く連続で乗せる流しも有りました
後半の流しは7割8割乗せで旋回の度に乗りが有ったり
3か所ぐらいいい乗り出来た場所が有りましたね

竿頭52杯・二番手50杯・三番手40杯2名!

五番手30杯・29杯と良い感じでした。





ちなみに折れた穂先は早速修理しました(≧▽≦)
イメージ 13

 

前回の釣行では本命坊主でさすがに凹みましたが、いまだにアカムツは定量まで釣れています。前回のリベンジを果たすべくアカムツへ出撃してきました。
今回はスパ郎さんにご一緒いただき、GW初日に波崎へGO~
スパ郎さん行き帰りの運転ありがとうございました

船宿に2時半ころに到着するものの既に席の半数近く埋まっています。
今回は2号船の左舷艫から2、3番に陣取り船宿で少し仮眠
イメージ 1







4:20河岸払いし1時間半かけて銚子沖まで移動

餌は大きめのホタルイカ1パック付ですが、追加分は船内で購入できないため船宿で事前に購入しておく必要あります。
普段は1パックで足りるみたいですが、餌取りが多いとギリギリでした

イメージ 2



本日のタックル
竿:自作グラス(緑) リール:FM3000 PE:4号-500m
錘:200号  仕掛け:捨て糸150cm 幹間隔 120cm-10号
ハリス6号-60cm  ホタ針16号 針数2本
※船宿で2本バリ指定、水中ライト、撚り取リング、中錘禁止
エサ:ホタルイカ支給  鯖タン(持参&現地調達)



イメージ 3


前回より浅い上、潮も緩く釣り易そうです
昨シーズンは開始直後から8時くらいまでが勝負だったので、集中しながらスタート



周りではサバが釣れているのになぜか?私に来るのはツノザメ

イメージ 4

船べりにぶら下げたままラジペンで外そうとしたところ・・・・

尻尾のツノで親指をグサっとやられちゃいました(><)

直ちに毒が回らないよう搾り出したので腫れる事はありませんでしたが、結構深めに刺されたみたいで血が止まりません。止血テープでぐるぐる巻きにして何とか釣り再開(^_^;)

しかし釣れるのはサメばかり


やっと1匹目がきたのは8時過ぎ
少し小さめですが本命ゲット(^_^)ニコニコ 

イメージ 5






その後もこいつに 虐められます(。>0<。)ビェェン
イメージ 6






中盤にやっと2匹目
イメージ 7


その後も釣れるのはサメばかり

誘い方が悪いのか?捨て糸の長さが悪いのか?身餌をつけたのが悪いのか??仕掛けが悪いのか? なぜかサメばかりでした(T_T)

後半になり1匹追加して終了となりました



本日の釣果  アカムツ3匹  ドンコ2匹 サバ5匹 サメ いっぱい
イメージ 8

HPより
釣りもの 大きさ 匹数 詳細 アカムツ 28~48cm 1~10匹 【水深】170m
【水温】15.5℃   【船長】高野 アカムツ 25~48cm 0~10匹 【船長】寺井
【天気】晴れ 【風】北西 6m 【波】ナギ
【コメント】
三号船は朝から食い良く一荷釣りもあってポツリポツリ好調でした。今日はサメも多かったが
パターンを掴んだ人はコンスタントに釣り数が伸びました。1尾は一名様でした。高野
二号船は終始ポツリポツリ食ったが残念ながら0尾一名様出てしまいました。寺井



  


夢の平日釣行~  ついに念願のプレミアムフライデーに出撃することができました。


定宿の翔太丸さんはあいにくの定休日で今回は久しぶりにたいぞう丸さんからの出撃です。


平日なのでガラガラなのかと思いきや片舷5名(゚Д゚;) 世の中甘くない(^^;
イメージ 1


出船前、船長に乗りスッテを聞くとピンク系のスッテが乗っているとの事
下から2番、4番目にピンク裸をセットして

時化後の爆・・・・・ を祈り出船です~(≧▽≦)


朝から北風は強いものの海は凪状態



カメギ周辺にはすでにまばらに船団が出来ています。
船団より離れた場所を探索して投入合図!
ん~  触らない(>_<)




何時ものことなので気にせず次の流し替え

ん~ 触らない(>_<)

思い出せば時化後に良い思いをしたことがないような気が・・・・(^^;






しか~し 3回目の流し替えからポツポツと釣れ始めました。
巨大反応があるものの動きが早く一投目しか釣れません



ただマルイカのサイズが良く乗り感はバッチリです(≧▽≦)
イメージ 2






お昼前から群れの動きもゆっくりになってきたのか連荘できるようになってきました。





底から6m以上浮いていいたのでツノ数も多い時は9本まで増やしてやりましたが、下から4番目のMD ケイムラ/ピンク が当たりスッテでした。


イメージ 3



終盤は、ツノ数を減らして手返し重視で行きました。


本日の最終スッテ
イメージ 4






本日の釣果   55イカ(マルイカ53杯  ムギイカ2杯)
イメージ 5


HPより
水温16.0水色薄濁り
マルイカ 15~36㎝ 6~55杯
亀城根 50~60 m
トップ55杯が2人◎
今日はいいナギでしたね。
前半はいつも通り群れの動き活発でしたが、後半50 m前後でヤル気ある群れ見つかりポツポツと続いてとれるようになりラストの流しは触り出せる方はバリバリできました(^^)
安定してきてくれるといいんですけどね^^;
トップ55杯が2人、続いて41杯、33杯、、、
マルイカは乗れば竿がズシッと曲がり良型主体でした。

土曜は所用のため釣行できない予定でしたが、急遽暇に~ てことは行っちゃう~(≧▽≦)

さて、マルに行くかそれとも食べたい魚(アカムツ)を釣りに行く?
釣行前日なのでアカムツはいっぱいかな~と思いながら電話してみると「一人だったら乗れるよ!」との言葉にすぐにバイトしてしまいました(^^;

今回初めての船宿 信栄丸さん
イメージ 5



自宅を0時前に出発し2時前には波崎到着
駐車場にはすでに多くの車が止まっています(゚Д゚;) 場所取りしようとボードを見るとすでに空いているのは数か所のみ(>_<)

3号船が空いてたので左舷ミヨシ2番に席取完了

受付をしていると何とYMYKさん(^O^) これはアカムツの釣り方を教われる~と思ったら残念ながら2号船だそうです。
また、小湊でご一緒させていただいた方にも声を掛けていただき初めての船宿とは思えませんでした(^O^)


5時頃に出船し約2時間釣り場まで移動 現地に着くと既に船団が出来ています(゚Д゚;)


本日のタックル
竿:自作グラス(緑) リール:FM3000 PE:4号-500m
錘:200号  仕掛け:捨て糸150cm 幹間隔 120cm-10号
ハリス6号-60cm  ホタ針16号 針数2本
※船宿で2本バリ指定、水中ライト、撚り取リング、中錘禁止
エサ:ホタルイカ支給  鯖タン(持参)

イメージ 1



船長の投入合図で一斉投入~ 水深270m
上潮が早やく糸が払い出されて290mで着底 糸ふけを取り一度シャクただけで、底が取れません(゚Д゚;) 

2枚潮になっているみたいですぐに船底方向へ・・・・
糸を出すと延々と出続けお祭りになるため我慢、我慢
当然底が取れていないため釣れるわけありません(T_T)
着底後糸ふけを取り錘が浮きがるまでの10秒くらいが勝負で、それを逃すと対応のしようがありません(>_<)


激早潮で底が取れないのとアカムツの活性が低い?のか船中全く釣れない状況が続きます(T_T)

おっと!! 嘘つくところでした。 鯖が元気で底に着くまでにサバの餌食になり2点掛け連発です(≧▽≦) や~大量大漁(>_<)
釣れたサバはすべてリリースです

この状況が延々と続き お昼前になって少しだけ潮が緩くなってきました。

着底後糸ふけを取り錘が底を切らないようにしていると当たり~(≧▽≦)
合わせを入れると結構引く (≧▽≦)
270mより巻き上げ開始、重量感があり もしかしてよいサイズ? 
30m毎に叩くのでデカアカムツかも?うれしー



しか~し  残り100mを切ったところで重いだけで叩かなくなってきました (゚Д゚;)アレ?




そして残り30を切ったところで重量も軽くなり バレた????





上がってきたのはこれ!!!
イメージ 2

そーです メヌケです(≧▽≦) まさか水深300m弱でこの魚と対面できるとは思ってもみませんでした。超~うれしい高級外道です(≧▽≦)

その他はキンメが釣れるもののアカムツはダメダメで沖上がりとなりました。

本日の釣果  アカムツ 0匹  メヌケ1匹 キンメ2匹
イメージ 3

船中 アカムツは3匹しか上がりませんでした。(T_T)




HPより
釣りもの 大きさ 匹数 詳細 アカムツ 30~48cm 0~2匹 【釣り場】犬吠沖 250m
【水温】19.7℃   【船長】高野 アカムツ 28~45cm 0~4匹 【釣り場】犬吠沖 250m
【水温】19.5℃   【船長】寺井
【天気】晴れ 【風】北東 5m 【波】ナギ
【コメント】
三号船は昨日と違い潮がぶっ飛び鯖の邪魔とオマツリ多く底が取りづらく掛かっても潮の変わり目で外れたりと、数が伸びませんでした。
オデコも出てしまいました。その他、黒ムツ、メヌケ交じる。高野

二号船は今日は潮早くオマツリ多発となってしまい、オデコも出たが中盤からポツポツと型程度みられました。また明日からに期待ですね。寺井



終了後 船宿でカレーライスをいただきましたが、美味しかった~
イメージ 4

先週に引き続きマルイカ出撃してきました。
前日は38杯と調子良さそうな釣果が出ています(≧▽≦)

この日は凄腕の方々が同船なので割り当てはないかもと思っていましたがまさか現実になるとは・・・・・(゚Д゚;)
イメージ 1



出船してみると何と澄み潮(>_<)

投入・・・・・触りなし      

投入・・・・・触りなし   

投入・・・・・触りなし 

投入・・・・・触りなし(T_T)

なんと全く触りを出せません(T_T)

他の方の桶を見ると4杯 5杯と釣っている方もいるのに 全く触りが出せません

お凸街道まっしぐらです~ この状況が11時過ぎまで続きます(T_T)

なんぼなんでもスロースターター過ぎます

やっと1杯目が来たのは11時5分 お凸回避!!








その後もあまり活性も上がることなく沖上がりとなりました


本日の最終スッテ
イメージ 2




本日の釣果  マルイカ 7杯
イメージ 3


HPより
★マルイカ! 

  青い澄んだ潮でバッチリ反応乗らず
・北~南の風 3~4m ・はれ 
・北風凪でしたお昼からウネリ有りました
(水温 15.5℃  澄み 少し流れる)

港前です小網代沖80~90m狙い!
かなりの期待をした日でしたが澄み潮で撃沈です
予報の南風は小網代沖まで吹いてきませんでした
午後はウネリが有り波が高くなって来たが風は凪
マルイカの方は、15.5℃の青い澄んだ潮に変わってて
天気も良くなった影響か…?バッチリ反応入っても3~5人程度
反応出てても後が乗って来ない状態でした
流してると小さい当たりが出てる様でしたが乗って来ませんでした
反応はかなり良い反応も有ります
明日に期待で頑張りましょう!
・水深80~90mを狙います!
・PE0.8~1.5号まで ・オモリ60号
 
★マルイカ 0~10杯 15~36cm





このページのトップヘ